安心の不動産投資【ファイナンストラベル】

不動産案内

不動産投資を考える

建設業者がよく主催します

セミナー

不動産投資セミナーは昔からよく開催されていますが、最近は特に盛んに各地で開催されています。その背景にはやはり相続税の見直しにより、相続税対策が必要となる人が増えてきたということが大きな原因としてあります。不動産を活用した相続税対策としては、一般的にこれまで盛んにおこなわれてきた方法として、賃貸住宅、アパートを建設するという方法があります。これは、相続税評価に際して、手持ちの土地の評価がアパートとのような賃貸住宅を建設することで下がるということと、税率が下がるということを利用するというもので、この方法自体は現在でも有効な手法であることは確かです。アパートを建設するということがありますので、不動産投資セミナーは建設会社がよく主催をしているのが特徴です。

利回りなどの数字に注意

不動産投資セミナーの主催者が建設会社という場合には注意をする必要があります。それは、建設会社としては主な目的は建物を建設してその建設費をもらって稼ぎたいということがどうしてもその背景にはあるからです。しかし、土地オーナーとしては相続税対策としてのアパート経営ですので、経営自体が上手く行かないことには、期待していた利回りに至らず、相続税対策としてみるとトータルで見ればいいものの、不動産投資セミナーで説明があったような利回りが実現されないということもあり得るのです。しっかりとした目で不動産投資セミナーを見極めて、きちんとオーナーの視点に立って収支計画や事業の進め方について真摯に相談に乗ってくれる会社を探してお願いすることが期待した利回りもクリアでき、トラブルのない相続対策が実現するためのポイントなのです。